検索

滋賀県の観光名所おすすめ7選!定番から穴場まで厳選紹介

滋賀県の観光名所

滋賀県には豊かな自然環境を活かした雄大な観光名所が多くあります。

琵琶湖はもちろんですが、それ以外にも歴史的建造物や若者に人気が高いスポットなども勢揃いなので、観光名所を巡るだけで滋賀県の幅広い魅力を満喫できるはずです!

この記事では、定番から穴場まで滋賀県の観光名所を余すことなく紹介していきます。滋賀県への観光予定がある方はもちろん、近隣で観光名所を探している方はぜひ参考にしてください。

滋賀県の観光名所おすすめ7選を紹介!

滋賀県には大きく分けて「近江」「彦根」「長浜」「大津」という4つのエリアがあります。

豊かな自然資源が魅力的な滋賀県ですが、歴史的建造物だけではなくインスタ映え必至の若者人気が高いスポットもありますので、老若男女が観光を満喫できます。

以下の項目では定番から穴場までさまざまな滋賀県の観光名所を紹介していきますので、興味があるスポットはぜひ訪れてみてくださいね!

琵琶湖

琵琶湖

滋賀県の観光名所といえば「琵琶湖」は外せません。

滋賀県の中心に位置する日本最大の面積と貯水量を持つ琵琶湖は、約440万年前に形成された古代湖であり、40~100万年前には現在の位置に移動してきたとされています。

広大な琵琶湖の周辺にはさまざまな観光スポットがあります。

たとえば、関西で人気が高い「琵琶湖バレイ」はスキーリゾートとして有名です。琵琶湖の絶景を眺めながら思う存分に遊べるスポットとして知られていて、最長コースであるワイヤーは長さ169mで高さが25mのスリル満点の遊び場です。

他にも、遊具やキャンピン施設が充実している「びわこどもの国」や、全国各地に点在している白鬚神社の総本山が神秘的な光景として見られるなど、見所は満載です。

車を運転しながら雄大な琵琶湖を眺められる「比叡山ドライブウェイ」はドライブスポットとして有名で、絶好の夜景スポットとなる展望スポットがあるのでカップルが多く訪れます。

もちろん琵琶湖は周辺施設だけではなく、クルーズ船の「ミシガン」に乗り一周できたりもするので、季節のイベントに合わせて琵琶湖自体も楽しめます。

滋賀県の観光スポットを語るうえでは琵琶湖とその周辺施設は外せません!

彦根城

彦根城

滋賀県にある「彦根城」は天守が国宝指定されている5城のうちの1つです。

徳川家康の命により井伊直継と直孝が20年の歳月をかけて完成させた彦根城は、滋賀県を代表する定番の観光名所です。江戸初期の堂々たる城郭の姿を目に焼き付けられる彦根城は、外堀に真っ直ぐ伸びる江戸情緒が漂う街並みからも風情を感じることができます。

江戸の街並みを再現している350mの通りには、お土産屋、食事処、甘味処が軒を連ねます。それだけではなく春は桜、秋には紅葉が咲き乱れており、ライトアップイベントも毎年開催されていますので、夜中は綺麗な自然の移り変わりを感じることができます。

国宝に指定されている天守はもちろんですが、他にも登り石垣、大堀切、大名庭園、天秤櫓など見所は満載です。滋賀県の定番観光名所ではありますが、人生で一度は見るべき素晴らしいお城なので、ぜひチェックしてみてください!

ブルーメの丘

ブルーメの丘

滋賀県日野町にある「ブルーメの丘」は、ドイツの街並みをイメージした季節により異なる美しい風景を楽しめる公園です。

大人も子供も一日中楽しめるブルーメの丘には、以下のエリアがあります。

  • はじまりのエリア
  • にぎわいのエリア
  • はなのエリア
  • どうぶつのエリア
  • 水のエリア
  • あそびのエリア

ひとつひとつのエリアが広大で見応えがありますので、園内を歩くときはマップが不可欠!コンセプトとしてドイツの街並みを再現されていますので、ただ歩いているだけでも楽しめます

ブルーメの丘にはチューリップ、ヒマワリ、コスモスなどの大きな花畑があり、それらが異なる季節で咲いているため、四季を通して異なる花を見られます!

また、「どうぶつのエリア」では動物たちと触れ合うことができます。広い敷地で思い切り走り回れるドッグランも併設されていますので、愛犬を連れて散歩をしている方も多くいます。

園内で遊びまわり疲れたら休憩スペースも完備されていまので、美味しいものを食べてまた遊びまわることができます!石窯パン、自家製パン、台湾カステラなど、食べながら園内を周れる食事も多くありますので、疲労を癒しながら街を散策してみましょう!

琵琶湖博物館

琵琶湖博物館

琵琶湖には多様な固有種を含む豊かな生態系が存在しています。そんな琵琶湖の歴史や生態系を詳しく知りたい方におすすめしたいのが「琵琶湖博物館」です。

2018年と2020年にリニューアルされた琵琶湖博物館は、琵琶湖の生い立ちや歴史を知られるフロアや、今の生態系を知られる展示フロア、そして中でも注目してほしいのが一般的な水族館と同程度の規模を有する淡水生物の展示フロアです

こちらの展示フロアでは琵琶湖に暮らす固有種だけではなく、バイカル湖に住むバイカルアザラシや古代魚も見ることができます。

また、2016年にリニューアルされた水槽トンネルは、まるで琵琶湖の水中を歩いているかのような錯覚をさせられる程の幻想的な空間です。魚を下から見上げる経験は大人でもそうそうあるものではありませんので、ぜひさまざまな魚を見てください。

観覧料は大人800円で小中学生は無料。格安料金で琵琶湖の歴史と水族館を楽しめるエリアなので、博物館に抵抗がある方でも気軽に訪れてみてください。

ラコリーナ近江八幡

ラコリーナ近江八幡

滋賀県でも屈指のフォトジェニックな場所としておすすめしたいのが「ラコリーナ近江八幡」です。甲子園球場3個分の広大な敷地面積を誇り、中には自然農園ファームや飲食店、専門ショップやパン屋などのさまざまな店舗が軒を連ねています。

2019年には年間322万人の方が訪れており、滋賀県でもNo.1の観光名所になりました

ラコリーナ近江八幡では、緑が溢れる八幡山から連なる豊かな緑を満喫できます。そして、さまざまなグルメも堪能してみてください。とくにおすすめしたいのはバームクーヘンが有名なクラブハリエで、さまざまな和菓子を堪能できます!

タイミングが合えばふわふわの出来立てバームクーヘンを食べられます。豊かな自然を眺めながらゆっくりと落ち着ける環境なので、都会の喧騒に疲労している方にはとくにおすすめです。

奥琵琶湖パークウェイ

奥琵琶湖パークウェイ

琵琶湖の北岸を走る全長18.8㎞の「奥琵琶湖パークウェイ」は、車中から琵琶湖を眺めながら季節で異なる顔を見せてくれる木々を見せてくれるドライブウェイです。

奥琵琶湖パークウェイは四季折々で異なる顔を見せてくれます。

  • 春⇒約3000本の桜が咲き乱れる
  • 夏⇒美しい緑が綺麗に彩られる
  • 秋⇒紅葉とエリ漁の風景が楽しめる

冬は通行止めとなりますが、それ以外の季節では春は桜に夏は新緑、秋は美しい紅葉を琵琶湖を背景にしながら楽しめます。

ドライブしながら景色を楽しむのはもちろんですが、ドライブの執着地点として「つづら尾崎展望台」を目指してみることをおすすめします。こちらの展望台は平成27年に恋人の聖地として認定された場所で、雄大な琵琶湖を眺めることができる風景はまさに絶景です

つづら尾崎展望台には食事処、売店、小さな子どもが遊べる広場も完備されているため、恋人だけではなく家族で行っても満喫できます。展望台には丸子船をモチーフにしたモニュメントがありますので、旅の記念にぜひ撮影してみてください!

びわ湖テラス

びわ湖テラス

琵琶湖西岸の標高1100mに位置する「びわ湖バレイ」の山頂にある「びわ湖テラス」は、雄大な琵琶湖を一望できる滋賀県でも屈指の絶景スポットです。

2016年7月にオープンしたびわ湖テラスでは琵琶湖を一望できるのはもちろん、レストランや絶景を眺めながら休憩できるベンチが用意されています。

レストランにある有料席ではソファに寛ぎシャンパンを飲みながらリラックスできる席もありますので、大人の休日を存分に満喫できるはずです

駐車場から「びわ湖テラス」へ行く方法はロープウェイ。眼下には琵琶湖をはじめとする雄大な自然を眺められますので、駅に到着したらまずはリフトを目指してください!

また、下に降りれば四季を問わずに楽しめるアクティビティスペースのびわ湖バレイがあり、冬は本格的なスキーリゾートとして営業しています。

まとめ

滋賀県にあるおすすめの観光名所を厳選して7つ紹介していきました。

琵琶湖、彦根城、ラコリーナといった定番から、琵琶湖博物館やブルーメの丘といった穴場までまとめて紹介していきましたが、いずれも雄大な自然を満喫できる観光名所です。

豊かな自然は心の疲労を癒してくれる効果があります。滋賀県には疲れた心と体を癒してくれる観光名所が多くありますので、ぜひ上記で紹介したスポットを訪れてみてください!

(Visited 100 times, 3 visits today)